2015年09月19日

秋彼岸

おはぎ彼岸団子.JPG

今年の彼岸入りは9/20、彼岸明けは9/26です。

お彼岸は日本だけの行事です。
春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにも繋がり、お彼岸は大切な行事となりました。

彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。
祝日法による趣旨は……
・春分の日=『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』
・秋分の日=『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』

紅屋重正においても彼岸のお供えのお菓子として、
「おはぎ」「彼岸団子」を彼岸の期間でお出ししております。
おはぎ.JPG彼岸団子.JPG
いずれも¥500(税別)

お彼岸は、春分・秋分の日を挟んで1週間あります。家族の都合を合わせて、みんなでお墓参りに行くとご先祖様も喜んでくださると思います♪
posted by 紅屋重正 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災復興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

きんつば

12002185_1651221288450216_3396604355177212914_n.jpg
大納言小倉と寒天等でできた餡に、小麦粉・白玉粉でできた生地を一面ずつつけて焼いたお菓子です。

きんつばの「つば」は、日本刀の鍔からきているそうで、江戸時代当初は円形のきんつばでしたが、現在では四角いきんつばの方が主流になっているそうです。

大納言小倉がたっぷり詰まっており食べ応えがあります!
ぜひお召し上がり下さい♪
posted by 紅屋重正 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 話菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

月見和生

11921694_1649253065313705_4171038889901874237_n.jpg

9月に入りました!今回はお月見をモチーフにした和生菓子を紹介させて頂きます♪

★月に雁(かり)★
白手芒鹿の子をに黄味煉切の月を乗せ、羊かんで包んでいます。
月夜の雁の飛来の様子は秋の風物詩でもあります。
※原材料の一部に卵を使用

★天卯(てんう)★
薯蕷(じょよ)饅頭で中に小倉あんが入っています。
月見といえば、兎の餅つきをイメージする方も多いのではないかと思います。お餅はついていませんが、丸くてコロッとしたかわいい兎になります^^
※原材料の一部に卵を使用

★名月(めいげつ)★
小倉羊かんと黄味あん製です。
黄味あんの満月が羊かんとのコントラストで綺麗に映えています♪
※原材料の一部に卵を使用

★秋月(あきづき)★
煉切製で黄味あんが入っています。
秋色の煉切にススキの模様でより一層秋らしさを表現しました。
※原材料の一部に卵を使用

今年の十五夜は27日です。満月は28日のようです。
和生菓子で見て癒され食べて美味しいお月見を味わってはいかがでしょうか。
posted by 紅屋重正 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 話菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。