2007年12月13日

大手饅頭の看板

               DSCF0087-1.JPG

弊社の本店入り口に掛かっています看板は「大手饅頭」と書かれています。
この看板は「巻 菱湖(まき りょうこ)」氏が書かれた看板です。
巻 菱湖(1777年〜1843年)江戸の名筆・幕末の三筆の一人であります。

越後の国 巻(新潟県新潟市巻町)安永6年(1777年)生まれで
1795年19歳で江戸へ上り亀田鵬斎に師事漢詩と書を学び才能を開花させた。
書家になり大成した時期には弟子1万人もいたそうです。
掛物・額・襖・屏風・看板・碑文などの揮毫の依頼が沢山あった。
江戸第一の書家であり、日本一の書家になった人物です。

その看板を2007年11月14日 
巻菱湖記念館館長 磯島康徳様より検証戴き認定を受けました。
posted by 紅屋重正 at 17:28| Comment(0) | 話菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。